ドクターマリオ【今度はマリオがウィルス退治】

ドクターマリオ 〜今回はクッパ大王が敵じゃないよ〜

『ドクターマリオ』は1990年7月27日任天堂より発売されたパズルゲーム(いわゆる落ちゲー)です。

 

当時マリオシリーズと言えばアクションゲームでしたが、マリオシリーズ初のパズルゲームであるとともに、任天堂の日本におけるオリジナルパズルゲーム第一作でもあった作品です。

 

『ドクターマリオ』は赤、青、黄色3色のウイルスをこれまた赤、青、黄色3色のカプセルですべて消していくゲームです。縦、もしくは横を同じ色で4つ以上並べれば消すことが出来ます。

 

また、スピードが「LOW MID HI」の3パターンレベルが「0〜20」の21段階に設定することが出来ました。『ドクターマリオ』は『ぷよぷよ』のように残ったパーツが下に落ちることが無くその場に残るので、かわいいビジュアルとは裏腹に難しかったです。

 

『ドクターマリオ』は管理人が大好きなマリオシリーズという事もありましたが、すぐには購入しませんでした。というのは、パズルゲームは余り好きではなかったのです。どうして余り好きでなかったかというとパズルゲームが下手だったからです(笑)

 

それでは、何故パズルゲームが下手で余り好きではない管理人が『ドクターマリオ』を購入したかというと、当時愛読していた『月刊コミックボンボン』にてマリオシリーズの漫画が連載されていたからです。

 

そこで『ドクターマリオ』が連載されていた時期があり、やりたいと思ってしまったんです。どうも管理人は『ドクターマリオ』に限らず『ゴエモンシリーズ』『遊戯王(OCGの方です)』『ドッジ弾平シリーズ』等々、漫画に感化されてその作品のゲームを始めるパターンが多いようです。

 

今思うとこれは完全に出版社とゲームメーカーの「お客さん」状態だったんですね(笑)

 

ちなみに、『コミックボンボン』で連載されていた『ドクターマリオ』は、マリオの弟ルイージのお腹の中のウイルスをマリオが退治するというストーリーでした。今まではさらわれたお姫様でしかなかったピーチ姫のナース姿を見ることも出来ます(笑)

 

ドクターマリオ 〜コミックボンボンのピーチ姫が可愛すぎた件〜【楽天市場】